ネットカフェのVR THEATERが全国展開--VR新作映像「攻殻機動隊 新劇場版」も先行公開

佐藤和也 (編集部)2016年06月04日 09時00分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 インターピアとejeは、店舗常設型ヘッドマウントディスプレイ(HMD)バーチャルリアリティ(VR)シアターサービスとして展開している「VR THEATER」について、全国エリアでの導入を6月1日から開始。それにあわせて、プロダクション・アイジー(プロダクションI.G)が制作するVR体感型アプリ「攻殻機動隊 新劇場版 Virtual Reality Diver」の提供も同日から開始している。

  • 「攻殻機動隊 新劇場版 Virtual Reality Diver」

    (C)士郎正宗・Production I.G/講談社・「攻殻機動隊 新劇場版」製作委員会

 VR THEATERは、複合カフェ(ネットカフェ)を中心に、店舗内でVR機器(Gear VR)の店内レンタルによってVRコンテンツの視聴体験ができるサービス。コンテンツの視聴料金は1回につき税込600円で、店舗利用料や入会料が別途必要。利用対象年齢は13歳以上と定めている。

 サービスは4月から関東エリアで先行で展開していたが、新たに北海道・宮城・福島・大阪・京都・福岡など計57店舗に拡大した。導入店舗などについてはVR THEATERのウェブサイトに掲載されている。

 攻殻機動隊 新劇場版 Virtual Reality Diverは、「攻殻機動隊 新劇場版」をテーマとした15分間の超えるVRコンテンツ。スマートフォンアプリは2016年夏以降の配信を予定している。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加