logo
Kickstarter

給電ロスのない置くだけ充電台「Energysquare」--複数スマホの同時充電も

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ワイヤレス給電規格のQi(チー)は便利なものの、充電台への置き方に制約があることと、充電効率の低い点が短所だ。

 これに対し、クラウドファンディングサービス「Kickstarter」で見つけた“置くだけ充電”のできる充電台「Energysquare」は、置き方の制約が少なく、給電ロスが発生せず、スマートフォンの種類を問わない。非接触充電にこだわらなければ、よい選択ではないだろうか。

給電ロスの発生しない置くだけ充電台(出典:Kickstarter)
給電ロスの発生しない置くだけ充電台(出典:Kickstarter)

 Energysquareは、電磁誘導を利用するQiと異なり、充電台の表面に設けられた電極とスマートフォンに取り付けた専用電極が触れて充電する接触式。給電時のロスがなく、USBによるケーブル接続と同等の速度で充電できる。

充電台側とスマホ側の電極が接触(出典:Kickstarter)
充電台側とスマホ側の電極が接触(出典:Kickstarter)

 充電台の表面は広く、複数デバイスの同時充電も可能。大きなタブレットも置くだけで充電できる。Qiと違って置く場所を選ぶこともない。

 複数ある充電台側の電極は個別に制御され、スマートフォン側の電極に接触すると通電される。フル充電に達すると、通電は止まる。表面に金属製の物を置いても飲み物をこぼしても、ショートしないので安全だ。もちろん、猫が乗って肉球で踏んでも感電しない。

電極が接触すると必要なところに通電(出典:Kickstarter)
電極が接触すると必要なところに通電(出典:Kickstarter)
金属や液体、肉球でもショートしない(出典:Kickstarter)
金属や液体、肉球でもショートしない(出典:Kickstarter)

 スマートフォンやタブレットに取り付ける電極は、micro USB用、Lightning用、USB-C用があるので、 さまざまなデバイスに使える。

 Kickstarterでの支援受付期間は日本時間6月24日まで。記事執筆時点(日本時間6月2日12時)でキャンペーン期間は22日残っているが、すでに目標金額3万ユーロを大きく上回る約5万6000ユーロの資金を集めている。

-PR-企画特集