SIEJA、PS4「グランツーリスモSPORT」の日本初試遊体験会を6月4日に開催

佐藤和也 (編集部)2016年05月27日 15時30分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ソニー・インタラクティブエンタテインメントジャパンアジア(SIEJA)は5月27日、PS4用ソフトとして開発を進めている「グランツーリスモSPORT」について、国内向けとしては初めての試遊体験会を、6月4日に開催すると発表した。場所は東京の渋谷ヒカリエホールで、時間は14時から17時までを予定。

 本作は“リアルドライビングシミュレーター”をうたう、グランツーリスモシリーズの最新作。日本では11月15日に発売を予定している。

 今回の試遊体験会では、「マツダ ロードスター S (ND)’15」、「シボレー コルベット C7 Gr.3」、「TOYOTA FT-1 ビジョン グランツーリスモ Gr.3」など23車種が用意され、「東京エクスプレスウェイ」やショートオーバル「ノーザンアイル・スピードウェイ」など新規収録コースを含めた6種のコースが体験可能となっている。また本作から導入された「ドライビングアシスト」(ブレーキアシスト、ブレーキ/ステアリングアシスト)機能を使用した試遊もできるという。なお体験プレイには、イベント当日に会場入り口で配布する整理券が必要となっている。

 当日の午前中には、グランツーリスモシリーズのプロデューサーを務める山内一典氏が本作を紹介するプレゼンテーションや。ゲスト出演者による対戦プレイなどが行われるライブストリームでの配信も予定している。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加