logo

ヤマハ、ネットワークAVアンプ2機種--ハイレゾ再生と4K映像に対応

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ヤマハは5月24日、ハイレゾ再生や4K映像に対応した、7.1chネットワークAVアンプ「RX-V581(税別価格:7万2000円)」と、5.1chネットワークAVアンプ「RX-V481(同:6万1000円)」を発表した。6月上旬に発売する。

 RX-V581は7ch、RX-V481は5chのフルディスクリート構成パワーアンプで、ルビコンと共同開発のPMLコンデンサや、バーブラウン192kHz/24bit D/Aコンバータ、ロージッターPLL回路を採用。さらに、ヤマハの音場創生技術「シネマDSP」により、臨場感を追求した。

 RX-V581のみ、Dolby AtmosとDTS:Xをサポート。5.1.2chスピーカ構成に対応し、プレゼンススピーカは、フロントスピーカ上方壁に設置する「フロントハイト」、天井に設置する「オーバーヘッド」、「ドルビーイネーブルドスピーカ」の3パターンから選択できる。DTS:X再生時には、「DTSダイアログコントロール」でセリフ音量の単独調整も可能だ。

 両機種とも、HDR、BT.2020、HDCP2.2、4K/60p映像信号に対応した HDMI端子(4入力/1出力)を搭載し、テレビと本機とをHDMIケーブル1本で接続できるオーディオリターンチャンネル(ARC)に対応。DSD 5.6MHz、AIFF/WAV/FLAC 192kHz/24bit、Apple Lossless 96kHz/24bit再生に対応し、ヤマハオリジナルのネットワークモジュール搭載により、高品位なハイレゾ再生を楽しめる。

 Wi-Fi機能を内蔵し、ハイレゾ音源を含むネットワーク上の音楽やインターネットラジオのワイヤレス再生が可能。Bluetoothにより、スマートフォンやタブレットなど対応機器の音楽再生や、Bluetooth対応ヘッドホンやスピーカの利用も可能だ。専用アプリ「AV CONTROLLER」を使えば、スマートフォンやタブレットから、本機の操作や設定が可能となる。

「RX-V581」
「RX-V581」
「RX-V581」リアパネル
「RX-V581」リアパネル
「RX-V481」
「RX-V481」
デジタル製品

AVの記事一覧はこちら

-PR-企画特集