logo

KDDI、NHKと共同で8K放送の多チャンネル伝送実験に成功--マルチビューも可能に

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 KDDIは5月24日、日本放送協会(NHK)と共同で、KDDIの最大10Gbpsの超高速光回線を活用し、世界で初めて8K放送の多チャンネル伝送実験に成功したと発表した。

 今回の実験では、KDDIの最大10Gbps光回線を活用して、NHK放送技術研究所から10チャンネル同時に送信した8K信号を、NHKが開発した受信機で安定的に受信した。これにより、将来的には8K放送で同時に複数番組(多チャンネル)が視聴できるほか、スポーツ番組など、さまざまな角度の映像を同時に表示するマルチビューサービスなどが実現可能になるとしている。

 今後は、4K/8Kの衛星放送をケーブルテレビ回線や光回線網で同時再放送することを目指し、NHKやジュピターテレコム(J:COM)、日本デジタル配信と共同で4K/8K放送の伝送に対応した小型の評価用受信装置を試作。技術評価を進めていく。

伝送実験のイメージ
伝送実験のイメージ

-PR-企画特集