ソースネクスト、留守電をテキスト化して“読める”サービス「スマート留守電」

佐藤和也 (編集部)2016年05月23日 18時37分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ソースネクストは5月23日、スマートフォン向け留守番電話アプリ「スマート留守電」の配信ならびにサービスを開始した。料金はAndroid版が月額税込290円、iOS版が月額税込360円。

 このサービスは留守番電話のメッセージを自動でテキスト化して通知するスマートフォン向けアプリ。サービスセンターに電話をしなくても、留守番電話のメッセージが確認できるというもので、かけ直す手間が省けることや、電車の中や周りの音が大きく留守電メッセージが聞き取れないときにも、録音内容をすぐに確認できることをメリットとして挙げている。

スマート留守電のメリット
スマート留守電のメリット

 テキスト化された留守電メッセージはアプリ上だけではなく、メールでも確認が可能。また音声も添付ファイルとして再生できるようになっている。留守番電話メッセージの音声やテキストの保存は無制限。また着信が電話帳に未登録の番号でも、590万件の法人データを照合し相手の名前を表示する機能も搭載。複数端末の留守電メッセージを一括管理できる機能も用意している。

 アプリをダウンロードすると、このサービスへ転送するための専用電話番号が発行。利用する端末の電話番号を、サービス専用の番号へ転送設定することで利用できるようになる。App StoreやGoogle Playといったアプリストアでの販売に加え、スマートフォンやSIM販売事業社、MVNOなど10社以上が販売を行う予定としている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加