コロプラ、新作スマホゲーム「白猫テニス」発表--「白猫プロジェクト」のスピンオフ

佐藤和也 (編集部)2016年05月19日 18時44分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 コロプラは5月19日、スマートフォン向けゲームの新作となる「白猫テニス」を発表した。2016年夏配信予定で、対応OSはiOSとAndroid。ビジネスモデルはアイテム課金制。

スマホゲーム「白猫プロジェクト」のスピンオフタイトルとして、対人戦にスポットをあてたテニスゲームが登場
スマホゲーム「白猫プロジェクト」のスピンオフタイトルとして、対人戦にスポットをあてたテニスゲームが登場

 本作は、同社のスマホゲーム「白猫プロジェクト」のキャラクターたちが登場するテニスゲーム。リアルタイムで対戦ができる“対人戦”を魅力とし、1対1のシングルスや2対2のダブルスを楽しむことができる。「タワー」という全国のプレイヤーと競い合うモードが用意されているほか、ルームを作ってフレンドと対戦することも可能。またソロプレイに該当する「ツアー」と呼ばれるモードもある。

 基本的なルールはテニスと同じで、ロブやスピンといった打ち分けも可能。UIは白猫プロジェクトなど同社のスマホゲームで用いられている「ぷにコン」を採用し、直感的な操作ができるようになっている。

  • 対人戦にスポットをあてたテニスゲーム

  • 上の階層を目指していく「タワー」

  • UIには「ぷにコン」を採用

 独自要素としては、打ち合いによってゲージがたまると“スキル”に該当する「スーパーショット」を打つことができる。また試合には3キャラクターを連れて挑む形となっており、試合中に交代することも可能。キャラクターには体力が設定されており、打ち合いが続くなど試合が進行すると減っていき、動きが鈍くなっていく。基本的には試合中に回復しないため、うまく交代していく戦略要素も盛り込まれている。

 登場するキャラクターは、白猫プロジェクトだけではなく本作オリジナルも用意。キャラクターはそれぞれ能力が異なっているという。また「ソウルボード」やタウン(街)など、白猫プロジェクトで用いられている育成要素も盛り込まれている。

  • 「スーパーショット」やキャラクターチェンジなどの独自要素

  • 白猫プロジェクトでおなじみのキャラクターたちが登場

  • 本作オリジナルキャラクターも多数登場する

  • 白猫プロジェクトでも用いられている「ソウルボード」やタウンといった育成要素も搭載

 プレイ回数の制約となるような「スタミナ」や「ライフ」などは設けず、好きなだけ対戦を楽しむことができる。なお「キャラガチャ」と「ギアガチャ」が用意され、ここが課金要素になるという。ギアガチャはラケットやシューズを獲得できるというもので、キャラクターに装備して強化していく。

  • 白猫プロジェクトプロデューサーの浅井P(左)と、白猫テニスのプロジェクトマネージャーの福P(右)

 本作の開発経緯について、白猫プロジェクトのプロデューサーを務める浅井Pは、白猫プロジェクトの広がりを出していくための施策として、スポーツゲームの制作を検討。数あるスポーツのなかでもテニスを選んだのは「白猫はすごくキャラクターに個性があって特徴的。その個性を生かすなら、個人をフィーチャーした競技がいいと思いテニスにした」と語る。これに加え、テニスの人気が盛り上がっていることや、スマホゲーム市場においてテニスゲームのヒットタイトルがないため、切り開いていきたいという気持ちも後押ししたという。

 タイトルの発表にあわせて事前登録も開始。本作のLINE公式アカウントを友達登録することによって完了する。今回は登録人数に応じたプレゼントを本作だけではなく、白猫プロジェクトにも用意するという。

(C) 2016 COLOPL, Inc.
※画面は開発中のため、変更になる可能性があります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加