logo
ドローン市場の夜明け

知られざるインドの「ドローン事情」--現地ドロニストが選ぶ4つの絶景 - (page 2)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(1)ヒンドゥー教において「聖なる川」とされるガンジス川が流れるバラナシ

撮影:Davidkvision
撮影:Davidkvision

(2)世界遺産に登録された6つのフォート(城壁)があるラジャスターン州。写真はメヘラーンガル城

メヘラーンガル城

(3)「ホワイト・シティ」と呼ばれ、白い町並みで有名なウダイプール。手前がCity Palaceで、湖に浮かぶように見えるのがLake Palace

Lake Palace

 City Palaceは夜景も美しい。

City Palace

 ウダイプールの美しい町並みや湖に沈む夕日を撮影した動画がこちら。

(4)インド西海岸に位置し、経済の中心地として名高いムンバイのビーチ

mombai

 このほかにも、海辺が美しいアンダマン諸島、国土が日本の約10倍ととても広く地域ごとに地理的性質や文化が異なる北部の秘境、チベット村のラダックなど、ドローン空撮に適した場所は点在するそうだ。

 プランシュさんによれば、政府からの許可が下りれば日本人も現地でドローンを飛ばせるとのこと。在インド日本大使館に許可申請し、日本大使館がインド当局から許可を得る手続きが必要になる。

 また、無許可での飛行は禁止されているが、所持は違法ではないため、国内線での移動に関しては問題ない。飛行機へのバッテリの持ち込みについては航空会社ごとに基準が設定されているため、各自で事前に確認してほしい。

 このようにメリハリのついた規制のもと、インドでは産業、観光、双方においてドローンの利用が広まりつつある。

(編集協力:岡徳之)

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]