ザッカーバーグ氏、保守系リーダーらと18日に会合へ--トレンドトピック操作疑惑で

Steven Musil (CNET News) 翻訳校正: 編集部2016年05月16日 07時55分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Facebookの最高経営責任者(CEO)を務めるMark Zuckerberg氏は、同ソーシャルネットワークが保守系報道機関が公開する記事を排除したとされている問題の調査の一環として、米国時間5月18日に主な保守派支持者らを招いて会合を開く予定だ。

 カリフォルニア州メンローパークにあるFacebook本社で開かれる会合には、保守系トーク番組の司会を務めるGlenn Beck氏を含む「十数名ほどの保守派支持者」が参加する予定であることを、Facebookの広報担当者が15日に認めた。Beck氏は14日、Facebookで公開した長い投稿の中で、会合に参加できるように自分のスケジュールを調整していると述べていた。

 「実際に彼の目を見て彼の説明を聞くことは興味深く、この強力なツールが本当に信頼できるという結論に達することができれば、すべての人々にとって喜ばしいことだ」と同氏は14日に記した。

 他の保守派支持者として、Targeted Victoryの共同創設者であるZac Moffatt氏や、Fox News Channelの「The Five」の共同司会を務めるDana Perino氏などがこの会合に招待されているとFacebookは述べた。

 今回の会合が明らかになるわずか数日前にZuckerberg氏は、保守系報道機関の記事が「ニュースキュレーター」によってFacebookのトレンドトピック機能から意図的に排除されているという「証拠はない」と述べていた。同氏は、主な保守派支持者を招待してこの問題について話し合うつもりだとも述べていた。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加