元マイクロソフトの泉水敬氏がマーベラス代表取締役副社長に就任へ

佐藤和也 (編集部)2016年05月12日 16時04分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 マーベラスは5月12日、同日開催の取締役会において、日本のXbox事業を手がけていたことでも知られる元マイクロソフトの泉水敬氏を、代表取締役副社長として内定したと発表した。6月21日開催予定の株主総会ならびに、その後の取締役会において正式に決議する予定としている。

  • 2014年6月に、Xbox one日本展開の記者説明会で登壇した当時の泉水敬氏

 泉水氏はリクルートなどを経て、2002年4月に日本マイクロソフトへ入社。Xbox事業本部マーケティング本部長に就任し、日本におけるXbox事業を指揮していた中心人物として知られている。2014年11月にXbox事業から離れ、米国マイクロソフト本社組織の所属を経て2015年7月に退職。2016年2月からは、マーベラスの顧問に就任していた。

 マーベラスは、「牧場物語」や「閃乱カグラ」シリーズなどのコンシューマゲームや、「剣と魔法のログレス」といったオンラインゲームをはじめ、アニメやミュージカル「テニスの王子様」といった舞台興業などの音楽映像事業も展開している。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加