サポート対象の全「Windows」にセキュリティパッチ--5件の脆弱性を修正

Zack Whittaker (ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部2016年05月11日 10時13分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Microsoftは米国時間5月10日、サポート中の「Windows」バージョン全てを対象とするセキュリティパッチ(MS16-055)をリリースした。同社のセキュリティアドバイザリページによると、このパッチはグラフィックスとフォントの取り扱いに関する脆弱性を修正するものであり、ユーザーは早急にパッチを適用する必要があるとされている。

 このパッチは5つの脆弱性(CVE-2016-0168〜0170、0184、0195)に対処するものであり、最も影響の大きい脆弱性が悪用された場合、攻撃を受けたコンピュータにマルウェアがインストールされる可能性もある。

 同社は、この脆弱性が活発に悪用されているとは認識していないと述べている。

 サポート中のWindowsバージョン全てを対象としたパッチの公開は、2016年に入って4度目だ。

 Microsoftによると、同社はWindowsと、「Microsoft Office 2007」以降で発見された、さまざまな脆弱性を修正するセキュリティアドバイザリを合計8件発行したという。そのなかには「Internet Explorer」に対するパッチ(MS16-051)と「Windows 10」向けの新ブラウザ「Microsoft Edge」に対するパッチ(MS16-052)も含まれている。

 今回のパッチは、5月の月例パッチとして通常のアップデート方法を通じて提供される。

 

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加