「Windows 10を入手する」アプリ、7月29日に無効化へ

Adrian Kingsley-Hughes (Special to ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部2016年05月09日 08時42分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 「Windows 7」「Windows 8」「Windows 8.1」を使用中のユーザーが「Windows 10」に無償でアップグレードしたい場合、その期限は7月29日だ。それ以降は119ドルになる。しかし今のOSに満足していて、頻繁にアップグレードを進めてくるMicrosoftに辟易しているユーザーは、それも同日以降はなくなると知り、うれしく思うだろう。

 MicrosoftはWinBetaに対し以下のようにコメントした。

 「詳細についてはまだ取り決めている最中だが、7月29日にはWindows 10への簡単なアップグレードを可能にする『Get Windows 10(Windows 10を入手する)』アプリは無効になり、最終的には世界中のPCから削除される予定だ。Get Windows 10アプリの準備とリリースに時間がかかったのと同じように、その収束にも時間がかかる見込みだ」

 つまりMicrosoftは、7月29日で本当に無償アップグレードを終了するようだ。Windows 10へのアップグレードに119ドルかかるとすれば、同OSの普及はやや鈍る可能性が高く、それはMicrosoftにとって望ましくないことかもしれない。そして無償提供が終了しない場合、アップグレードの推奨も終わることはないだろう。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加