Facebookの顔認識データ収集めぐり新たなプライバシー訴訟

Katie Collins (CNET News) 翻訳校正: 編集部2016年05月09日 07時23分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Facebookでは現在、顔認識によってユーザーを識別している。ユーザーにとってこれは問題ではないかもしれないが、法律的にも問題がないということにはならない。

 Facebookは米国時間5月5日、ユーザーの写真から収集した生体データを「非合法的に」保存しているとして訴えられていた裁判の最初の争いに敗れた。同社は訴訟の棄却を求めていたが、カリフォルニア州の連邦裁判所がその要求を退けたのだ。

 Facebookは、同社の写真タグ付けシステムを利用してユーザーの顔の幾何学的表現を構築し、各ユーザーの「faceprint」と呼ばれるものを作成している。faceprintはその後、Facebookに新しい写真がアップロードされた場合に、ユーザーにタグ付けを提案するために使用される。この処理の概要については同社のデータポリシーで説明されており、ユーザーは自分の顔データを収集しないように選択することができる。

 サービスの名称からして明白だと言う人もいるかもしれないが、多くのFacebookユーザーはおそらく、登録時に自分の顔に関するデータの保存に自分が同意していることを知らないだろう。イリノイ州のFacebookユーザーのグループはこれに異議を唱え、同ソーシャルネットワークは、自分たちの身体的特徴に基づく識別情報の収集に関する明示的な同意を得ておらず、州法であるIllinois Biometric Information Privacy Actに違反しているとして訴えている。イリノイ州のユーザーらの主張が法律的に認められれば、Facebookだけでなく、顔認証技術を利用するGoogleなどの他の企業も、ユーザー同意書を再確認する必要がありそうだ。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加