世界最大の学生向けITコンテスト「Imagine Cup 2016」日本予選大会

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 日本マイクロソフトは2016年4月23日、世界最大の学生向け ITコンテスト「Imagine Cup 2016」日本予選大会最終選考会と、ITに関する革新的なアイディアを表彰する「Innovation Award 2016」を同時に行う「Microsoft Innovation Day」を開催した。本稿ではImagine Cup 2016の様子を報告する。

Microsoft Innovation Award 2016のファイナリストや関係者たち
Imagine Cup 2016日本予選大会最終選考会とMicrosoft Innovation Award 2016のファイナリストや関係者たち

 Imagine Cupは2003年に始まり、今年で14回目を数えるMicrosoft主催の学生向けITコンテストだ。ゲーム、イノベーション、ワールドシチズンシップの3部門から各代表を選定。さらにその中から世界大会予選を勝ち抜いた日本代表1組が、夏に開催するImagine Cup世界大会へチャレンジする仕組みだ。

 まず来場者が選んだオーディエンス賞は、リーダーの坂元紀予氏が「高校1年生の時からImagine Cup出場を夢見ていた」とプレゼンテーションしていた、トライデントコンピュータ専門学校の「SenRaku」が授賞。e-sportsをオリンピック競技に加えることをビジョンに掲げた協力型オンライン対戦ゲームだ。

 2対2のチーム戦として線で囲んで相手を落とすルールで子どもでも楽しめる。プランナーの田口真嗣氏は、今後の展望としてXbox Liveが無料になり自由に大会が開ける点とWindows 10の連携が今後のキーポイントになると説明。Imagine Cupの優勝を実現してから子ども限定の大会を主催して、そこからプロプレーヤーの育成につなげ、プレイ人口の増加、そして最後にオリンピック競技採択を目指すという。

 審査員が既にメジャーなPCゲームタイトルが存在するのに、e-sportsが競技採択に至っていない理由と訪ねると、「e-sports自体が競技採択条件を満たしていない。Imagine Cupを通して知名度を上げて行きたい」(田口氏)と語っていた。また、トライデントコンピュータ専門学校の皆さんは同時にゲーム賞も授けている。

トライデントコンピュータ専門学校の皆さん
トライデントコンピュータ専門学校の皆さん
   
  • このエントリーをはてなブックマークに追加