logo

CyberZとカプコンがeスポーツ大会でタッグ--命題は若手プレーヤーの発掘

佐藤和也 (編集部)2016年04月20日 11時09分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 サイバーエージェントグループで、動画コミュニティプラットフォーム「OPENREC.tv」を展開するCyberZは4月19日、同社が主催するeスポーツ大会「RAGE」について、新たにカプコンの対戦格闘ゲーム「ストリートファイターV」を採用すると発表。eスポーツリーグ「RAGE リーグ for ストリートファイターV」を展開する。

「ストリートファイターV」
「ストリートファイターV」
(C)CAPCOM U.S.A., INC. 2016 ALL RIGHTS RESERVED.

 RAGEは、複数のゲームタイトルを採用し年間を通じて行われるeスポーツ大会。第1回大会はSuper Evil Megacorpのスマートフォン向けゲーム「Vainglory」(ベイングローリー)を採用し、1月に決勝大会を開催した。また第2回大会の開催ならびに、Vaingloryを引き続き採用することを発表している。

 新たに加わる形となったストリートファイターVでは、オフラインで実施するトーナメント戦を勝ち抜いた代表者による決勝大会のほか、オンライン対戦機能を用いたリーグ戦の2大会で展開。オフライン大会決勝となる「RAGE Vol.2 GRAND FINALS」を7月末に開催するほか、リーグ戦は5月から7月までを「SUMMER SEASON」、8月から10月までを「AUTUMNSEASON」として、毎週開催していく予定だ。各プレーヤーはポイント制でランキングされ、シーズン上位者にはゲーマー活動のサポートをする。

 参加資格は日本国内に在住の満12歳以上のプレーヤー。また若年層の潜在ユーザーを掘り起こしを目的とし、大会によっては別途参加条件に年齢上限を設定するという。

eスポーツの成功に必要な“大会”“エコシステム””エンゲージメント”

  • CyberZ代表取締役社長の山内隆裕氏

 都内で行われた発表会のなかで、CyberZ代表取締役社長の山内隆裕氏は、eスポーツが成功する要件が3つあると切り出した。まずはスポーツのように選手が輝ける場所となる“大会”。そして、選手がしっかり稼ぐことができるという文化の構築という“エコシステム”。最後に、eスポーツを応援してくれるファンを増やす“エンゲージメント”を挙げた。そして動画を基点としたメディアを活用することにより、選手と視聴者の接点を増やし認知度やエンゲージメントの向上などに取り組んでいくという。

  • CyberZ取締役の大友真吾氏

 CyberZ取締役の大友真吾氏は、選手をフィーチャーした演出のほか、応援グッズなどを用いた会場の一体感、さらにオリジナルテーマソングの制作、サプライズで世界大会の優勝チームを招いたことなど、エンターテインメント性を重視したという。こういった取り組みは選手や観客にも好評だったと振り返る。山内氏によれば、大会以降のVaingloryの動画投稿やトラフィックの増加も見られ「なによりVaingloryの動画を見るならOPENREC.tvというイメージが付いたことが大きい」と成果を語った。

若手プレーヤーの発掘は、格闘ゲームシーンにおける最大の命題

  • カプコン第二開発部 プロデューサーの杉山晃一氏

 新たに採用されたストリートファイターVを手がける、カプコン第二開発部 プロデューサーの杉山晃一氏は、RAGE参加の背景として、格闘ゲームシーンにおける最大の命題として若手プレーヤーの発掘があるとした。その上で思想がマッチしたことから参加を決めたという。また、対戦格闘ゲームの盛り上がりには高画質かつ無料で動画を配信できる環境が必要とし、それがOPENREC.tvだとかなえられるという。そして、「ストリートファイターをプレイしているとモテるという世界にしたい」と例えるように、選手がヒーローとして扱われるイメージと、RAGEが取り組んでいる選手にスポットを当てた演出や、エンターテインメント性のある大会が、カプコン側の思惑と一致一致したことも大きかったという。

  • プロゲーマーのオオヌキ選手(左)と、かずのこ選手(右)

 発表会ではゲーム実況者として知られるせんとすさん、プロゲーマーのオオヌキ選手とかずのこ選手がゲストとして登場。オオヌキ選手は、プレーヤーはみんな大会に出たいが、それを発揮できる大型の大会が国内ではあまり行われず、海外にしか無い状況にあるという。そういったなかで国内での大会が継続して行われるのは、プレーヤーにとってもファンにとってもうれしいことと語った。

  • せんとすさん(左)

 かずのこ選手は、選手にフォーカスを当てた演出は周りから憧れられる選手を生み出しやすくなるとし、若いプレーヤーが参加したくなるイベント展開や参加を期待したいと語った。せんとすさんも格闘技イベントのような演出のある大会を期待していたことに触れ、新しいスターが登場することを期待したいとコメントした。

-PR-企画特集