IBM、認知コンピューティング研究でイリノイ大学と連携--新研究センター開設へ

Natalie Gagliordi (ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部2016年04月18日 13時24分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 IBMがイリノイ大学と連携してコグニティブ(認知)コンピューティングの研究センターを新設する計画だ。

 IBMは米国時間4月15日、「Center for Cognitive Computing Systems Research(C3SR)」をイリノイ大学アーバナキャンパスにあるエンジニアリング学部内に設置する計画であると発表した。

 C3SRは2016年夏にオープンする予定で、IBMの「Watson」テクノロジをモデルとする最先端のコグニティブコンピューティングシステムなど統合システムの構築に取り組む。このシステムは、動画や講義メモ、課題、教科書などの大学カリキュラムに関連する大量のデータを取り込み、その膨大なデータセットに基づいて論理的に類推し、最終的に大学レベルの試験に合格することを目指している。

 C3SRで開発されたコグニティブコンピューティングシステムを最適化し、現行のコグニティブアプリケーションを実行するシステムよりも桁違いに優れた性能を発揮させることが期待されているとIBMは述べた。

 IBM Researchのシニアバイスプレジデント兼ディレクターであるArvind Krishna氏は、「IBMとイリノイ大学の提携は、当社の研究者がコグニティブコンピューティングおよびWatsonの境界線をさらに押し広げるのに役立つ」と述べた。「コグニティブ時代のコンピューティングは、幅広い研究分野が結集することを特徴とするようになり、同時に世界で最も困難な課題の解決を支援する方向に進んでいくだろう」(Krishna氏)

 C3SRによる研究はすべて、IBMの「OpenPOWER」テクノロジに基づいて実施され、あらゆるハードウェア設計とコグニティブアルゴリズムがオープンソースコミュニティーに公開される予定だ。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加