logo
Indiegogo

空中から水を取り出す魔法の水筒「Fontus」--クラウドファンディングで大人気

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 空のボトルが空中から集められた水で満タンになる。そんな魔法のような水筒「Fontus」が、クラウドファンディングサービス「Indiegogo」に登場し、人気を集めている。

空中から水を取り出す魔法の水筒(出典:Indiegogo)
空中から水を取り出す魔法の水筒(出典:Indiegogo)

 Fontusは、空気を取り込み、含まれている水蒸気を冷やして液体に変えて、ボトルに溜める。動作に必要な電力は、付属の太陽電池パネルから得る。ほかに大きな装置など使うことなく、水が作れる。

ファンで空気を取り込むFontus Airo(出典:Indiegogo)
ファンで空気を取り込むFontus Airo(出典:Indiegogo)

 水筒タイプのモデル「Fontus Airo」はハイキングやキャンプ、山登りでバッグに付けておいたり、テントの脇に置いておいたりして使う。自転車での使用に適した、サイクリング時に利用しやすいモデル「Fontus Ryde」もある。

Fontus Airo(左)と自転車向けのFontus Ryde(出典:Indiegogo)
Fontus Airo(左)と自転車向けのFontus Ryde(出典:Indiegogo)

 タンブラー型のFontus Airoは、内蔵ファンを回して空気を取り込む。フィルタを通過した空気は一連の冷却装置で冷やされ、水分が結露する。これを集めて飲み水にする仕組みだ。

 これに対し自転車向けのFontus Rydeは、走行時の風が利用できるためファンを搭載していない。

Fontus Rydeはファン非搭載(出典:Indiegogo)
Fontus Rydeはファン非搭載(出典:Indiegogo)

 水の生成速度は、気温と湿度によって変わる。気温と湿度が高いほど短時間で水が得られるので、高温多湿な日本の梅雨時や夏場に活躍しそうだ。

水の生成速度は高温多湿なほど高い(出典:Indiegogo)
水の生成速度は高温多湿なほど高い(出典:Indiegogo)

 Indiegogoでの目標金額は3万ドル。記事執筆時点(日本時間4月6日12時)でキャンペーン期間は1カ月残っているが、すでに目標の5倍近い約14万4000ドルの資金を集めている。

-PR-企画特集