音楽サービスPandora、創業者のT・ウェスターグレン氏がCEOに就任

Jake Smith (Special to ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部2016年03月29日 10時13分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Pandoraが米国時間3月28日、大型の経営陣刷新を発表した。共同創業者のTim Westergren氏がBrian McAndrews氏に代わってPandoraの最高経営責任者(CEO)に就任する。

 Westergren氏は2000年初頭に「The Music Genome Project」を構築した。

 「Pandoraの将来をこの上なく楽しみにしている。われわれはまさに、とてつもないビジョンを実現しようとしている。つまり、ユーザーが音楽を発見して楽しむ方法と、アーティストが自らのキャリアを構築して維持する方法を根本から変えようとしている」とWestergren氏は声明で述べた。「われわれは、大規模で活気あふれる音楽マーケットプレイスを構築するという一世代に一度のチャンスを追い求めている」(Westergren氏)

 Pandoraは近年、他の音楽ストリーミングサービスが増加して競争が激化したことから壁に突き当たっている。「われわれには、ユーザー、技術インフラ、収益化構造があり、そして最も重要な要素として、情熱と信念を持つ適切なチームがある。私は経営陣と取締役会とともに、Pandoraの成長戦略に100%の力を注ぐつもりだ」とWestergren氏は付け加えた。

 Pandoraは、28日付けで実施された今回の経営陣再編の理由を明かしていない。McAndrews氏は2013年からCEOを務めていた。

 Pandoraは、新しい経営体制として、Mike Herring氏が最高財務責任者(CFO)、Sara Clemens氏が最高執行責任者(COO)、Chris Phillips氏が最高製品責任者(CPO)に就任すると発表した。


提供:File photo

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加