NTTデータ、デルのITサービス事業を買収へ

Natalie Gagliordi (ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部2016年03月29日 08時16分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 NTTデータがDellのITサービス事業を買収する。両社が米国時間3月28日に発表した。買収額は30億5500万ドル。

 NTTデータにとって、北米での地位をより強固なものとする動きとなるだろう。NTTデータはこの買収で、主に銀行および金融サービスのほか、医療および保険業界を対象とするITとBPOのソリューションを強化する計画だ。

 Dellは、Dell Services部門を売却することで、EMCの買収(670億ドル相当)前に資金を一部確保することができる。DellとEMCの合併は2015年に発表された。これにより世界最大規模の株式非公開企業が誕生し、Dellは非PC事業の多角化に向けて始動する。

 Dell Servicesは、Dellが2009年に39億ドルで買収したPerot Systemsを中核としている。Perot Systemsは、元大統領候補Ross Perot氏が1988年に創業した。

 Perot Systemsの買収も、Dellが低迷する中核のPC事業に縛られた体制からの脱却を図る動きだった。DellはEMCの合併に向け、同部門の売却を検討していると報じられていた。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加