Kickstarter

本みたいに広げて使う携帯LEDランプ「Orilamp」--Bluetoothでスマホから制御

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 クラウドファンディングサービス「Kickstarter」に、本やアコーディオンのように広げて使うBluetooth携帯LEDランプ「Orilamp」が登場した。とても実用的なうえ、デザインも素敵だ。

実用的なうえ、デザインも素敵(出典:Kickstarter)
実用的なうえ、デザインも素敵(出典:Kickstarter)

 Orilampは、蛇腹型シェードの中に暖色系のLEDを組み込んだ携帯用ランプ。木のカバーに取り付けられていて、本を広げたような扇状にしたり、真っすぐ伸ばしてアコーディオンやバンドネオンのような形にしたりして使える。

木のカバーを開き、本のように広げて使う(出典:Kickstarter)
木のカバーを開き、本のように広げて使う(出典:Kickstarter)

 バッテリを内蔵し、折りたたむとコンパクトになるので、旅行などにも持って行きやすい。テーブルに置いてデスクライト、ベッドサイドで読書灯、天井からつるしてペンダントライトなど、使い方はさまざまだ。

コンパクトになるので持ち運びやすい(出典:Kickstarter)
コンパクトになるので持ち運びやすい(出典:Kickstarter)

 スイッチはなく、カバーを開くと自動的に点灯する。Bluetoothでスマホと連携し、アプリから点灯、消灯、明るさ調整、自動点灯および自動消灯のスケジュール設定、バッテリ残量の確認ができる。さらに、目覚める時間が近づくと次第に明るさを増して起こしてくれる設定も施せる。

アイデア次第で使い方はイロイロ(出典:Kickstarter)
アイデア次第で使い方はイロイロ(出典:Kickstarter)

 バッテリはmicro USB経由で充電する。フル充電で7時間の点灯が可能。

 Kickstarterでの支援受付期間は日本時間4月21日まで。記事執筆時点(日本時間3月28日14時)でキャンペーン期間は24日残っているが、すでに目標金額2000カナダドルの4倍以上に相当する約8000カナダドルの資金を集めている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加