logo

クラウド経費精算「MFクラウド経費」と個人向け名刺管理「Eight」が連携

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 マネーフォワードは3月24日、同社が運営するクラウド経費精算ソフト「MFクラウド経費」と、Sansanの個人向け名刺管理アプリ/クラウドサービスの「Eight」が連携したと発表した。Eightプレミアムのダウンロード機能を利用し、Eightからエクスポートした名刺情報をMFクラウド経費にインポートできるようになった。

「MFクラウド経費」と「Eight」が連携
「MFクラウド経費」と「Eight」が連携

 マネーフォワードによると、従来、経費精算時には、会議費や接待交際費など出席者を明示する必要のある経費科目において、取引ごとに出席者を追加する手間が発生していた。今回の連携により、自社および取引先の人名・社名・部門名・役職名をEightから取得できるため、入力の手間が省けるという。

 MFクラウド経費は、「完全自動化」「スマホで完結」「ペーパレス」を特徴とした、クラウド型の経費精算・経費管理ソフト。クレジットカードや電子マネーの明細の自動取得に対応するほか、科目の自動学習機能による自動分類や経路を入力するだけで交通費を自動算出する機能を搭載。オペレータの入力機能を利用することで、撮影した領収書を自動計上といった機能も有する。また、MFクラウド会計・確定申告との自動連携やMFクラウド給与との自動連携も行われる予定だ。

 経費申請・承認のワークフローはスマートフォン上で完結でき、スマートフォンで撮影した領収書は、MFクラウド経費内に電子データで保管できる。電子帳簿保存法にも対応予定だ。申請された経費データと添付された領収書の照合がオンラインで行える特徴もある。

「MFクラウド経費」
「MFクラウド経費」

-PR-企画特集