logo

寺田倉庫、収納サービスのサマリーに約2億円を出資

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 クラウド収納サービス「minikura(ミニクラ)」を運営する寺田倉庫は3月17日、サマリーに約2億円を出資することで合意したと発表した。サマリーは、スマホアプリから自分の持ち物をレンタルスペースに預けることのできる収納サービス「Sumally Pocket(サマリーポケット)」を運営している。

「Sumally Pocket(サマリーポケット)」
「Sumally Pocket(サマリーポケット)」

 Sumally Pocketでは、アプリで書籍や衣類など預けるアイテムの種類に合わせて段ボールの送付を依頼する。届いたダンボールにアイテムを詰めて、集荷を依頼することでレンタルスペースに預けられる。倉庫に届いたアイテムは、スタッフが1点1点写真撮影するため、アプリから預けたアイテムを閲覧・管理できる。必要になったアイテムは段ボール箱ごと、またはアイテム1点単位で取り出せる。

ダンボールにアイテムを詰めて、集荷を依頼することでレンタルスペースに預けられる
ダンボールにアイテムを詰めて、集荷を依頼することでレンタルスペースに預けられる

 寺田倉庫の運営するminikuraは、同じく専用のダンボールにアイテムを詰めて送るだけで預けられるサービス。専門スタッフが1点1点写真撮影し、ウェブ上で預けたものを確認できる。衣類などは、オプションサービスによりクリーニングを依頼でき、「ヤフオク!」 への出品やコミュニティサイトへの投稿にも対応する。

 サマリーは今回の増資により、新機能の開発やプロモーションを強化し、サービスの拡充を目指すという。また寺田倉庫は、エアークローゼットやVONOVO、ART STANDにも出資しており、今後もスタートアップ企業の事業支援や、業務提携を積極的に進めるとしている。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]