logo

「Galaxy S7 edge」レビュー--「S7」の魅力に曲面画面を加えた大型モデル

Jessica Dolcourt (CNET News) 翻訳校正: 川村インターナショナル2016年03月16日 07時30分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 今すぐ買うべきスマートフォンが登場した。サムスンの「Galaxy S7 edge」だ。これほどの高みに立てた理由な何だろう。高性能カメラか、強力なバッテリか、拡張可能なストレージか。あるいは、部品を足し合わせた以上の価値がある魅力的なデザインだろうか。どれも正解だが、それだけではない。Galaxy S7 edgeは、すでに十分に魅力的な(そしてわずかに小さい)「Galaxy S7」を大型のバッテリや両側が丸みを帯びたデザインでさらに一段階引き上げたものだ。このデザインは、何を見ていても、どんな操作をしていても、筆者を魅了してやまない。

 5.5インチ画面のGalaxy S7 edgeは、隅から隅まで何もかもが優れており、サムスンはディスプレイの物理的な曲面を引き立てる追加のナビゲーションソフトウェアに磨きをかけている。もちろん、小さな欠点はいくつかあるが(完璧なデバイスなどというものは存在しない)、月並みなスマートフォンより統一感があり、完成度が高いと思わせるところがある。「Galaxy S6 edge」「Galaxy S6 edge+」「GALAXY Note Edge」など、サムスンの曲面ディスプレイ搭載スマートフォンを見たことがある人なら、筆者が何を言っているかわかるだろう。

 サムスンは多大な労力を払って、第2メニューバーをさらに使いやすいものにした。アイコンが大きくなり、お気に入りのアプリやタスクへのショートカットなど、表示できる情報の種類も増えている。よく使う連絡先を表示できるスピードダイヤルもあり、スポーツの得点やニュースの見出しが流れるオプションペイン、さらには懐中電灯や定規などを表示するツールまである。便利な機能だが、控えめに使ったほうがいいだろう。

 Galaxy S7 edgeはGalaxy S7より価格が高いが、それに見合う価値はあるのだろうか。お金に余裕があるのなら、答えはイエスだ。筆者としては、本体の形状だけでも十分な理由になる。カーマニアが内装をレザーにグレードアップしたがるようなものだ。分割払いにすれば差額は分散できるし、一括払いにしたとしても、このモデルなら今後2年間は使えると考えれば、価格の差はあまり問題にならない。

 とはいえ、Googleの「Nexus 6P」や、Galaxy S7のように、もっと手ごろな価格の製品を選んでも、一生の不覚ということにはならないだろう。だが、お金で買える最もスタイリッシュで多機能なスマートフォンを探しているのであれば、迷う余地はない。

 Galaxy S7 edgeは複数の国において米国時間3月11日に発売された。価格は750ドルからだ。Galaxy S7 edgeに採用された最高のソフトウェアとハードウェアについては、Galaxy S7に関する筆者のレビュー記事を読んでほしい。ここでは、Galaxy S7 edgeのソフトウェア、バッテリ性能、スペックについて詳しく紹介しよう。

サムスンのGalaxy S7 edgeは、2つの端末のうちより大型で曲面画面を採用している方だ。
サムスンのGalaxy S7 edgeは、2つの端末のうちより大型で曲面画面を採用している方だ。
提供:Andrew Hoyle/CNET

Galaxy S7 edgeのナビゲーション

 筆者は、どの画面からでもエッジディスプレイのナビゲーションにすぐ移動できるところを気に入った。普通のスマートフォンのように、いちいちホーム画面に戻らなくても、お気に入りの連絡先や、よく使うアプリなどを簡単に開くことができる。

 最初のうちは、上部にある9つのタブを開くのがおもしろくて、いろいろと試してみた。しかし、すぐに気づいたことだが、どのタブが必要か正確にわかっていないと、結局はホーム画面から移動して必要な機能を見つけるよりも時間がかかってしまう。こうしたアドオンの3つか4つは、よくできたものだ。

-PR-企画特集