レンジファインダースタイルで登場--ミラーレス一眼カメラ「OLYMPUS PEN-F」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 オリンパスは1月27日、レンジファインダースタイルのボディに新開発の「2030万画素Live MOSセンサー」と5軸手ぶれ補正機構、新機能となる「モノクロ/カラープロファイルコントロール」を搭載した、マイクロフォーサーズシステム規格準拠のミラーレス一眼カメラ「OLYMPUS PEN-F」を2月26日に発売すると発表した。

「OLYMPUS PEN-F」(左:シルバー/右:ブラック)
「OLYMPUS PEN-F」(左:シルバー/右:ブラック) +「M.ZUIKO DIGITAL ED 12mm F2.0」

 OLYMPUS PEN-Fは、PENシリーズのフラッグシップモデル。世界初のハーフサイズ一眼レフカメラ「ペンF」の名を受け継ぎ、236万ドット(視野率約100%)の有機EL高精細電子ビューファインダを内蔵している。

 2030万画素Live MOSセンサーに加え、最新の画像処理エンジン「TruePic VII」を搭載。ローパスフィルターレスで高解像を実現し、低感度ISO LOWでは80相当に対応する。

 また、シャッタースピード最大5.0段分となるボディ内5軸VCM(Voice Coil Motor)手ぶれ補正機構により、あらゆるシーンでブレのない最高の画質が得られるという。レンズ内手ぶれ補正とボディ内手ぶれ補正の協調により、より強力な補正新技術「5軸シンクロ手ぶれ補正」にも対応した。

 さらに、表現と作品づくりを追求する層に向けた新機能「モノクロ/カラープロファイルコントロール」を搭載。フィルム選び・現像・焼付けのプロセスを経て、思い通りの一枚を仕上げていくフィルム写真の醍醐味を、ファインダを覗きながら味わえるという。

 モノクロプロファイルコントロールは、モノクロ撮影時に、カラーフィルタ効果、ハイライト&シャドーコントロール、シェーディング効果、粒状フィルム効果、調色の5つの効果を組み合わせて使うことができるというもの。

 カラープロファイルコントロールは、カラー撮影時に、12分割した色の彩度をそれぞれ11段階で調節。ハイライト&シャドーコントロールを組み合わせて使えるなど、表現の幅を広げ、作品作りを楽しむ機能となる。

 市場想定価格は、ボディ単体で税別15万円前後。ボディと「M.ZUIKO DIGITAL ED 12mm F2.0」がセットとなった「OLYMPUS PEN-F 12mmF2.0 レンズキット」は税別21万前後。ボディカラーは、ブラックとシルバーの2色。

 また、関連製品として、ホールド性を強化する金属製の外付けグリップ 「ECG-4」(税込1万6200円)。幅30mmの本革を使用したプレミアム本革ストラップ「CSS-S120L PR」(オープン価格)。カメラ全体を包み込めるプレミアム本革ラッピングクロス「CS-48 PR」(オープン価格)。皮革製品の老舗AJIOKA.社監修のプレミアム本革カメラバッグ「CBG-11 PR」(オープン価格)。OLYMPUS PEN-F専用の本革ボディジャケット「CS-47B」(税込6480円)も同時に発売される。

プレミアムレザーシリーズ
プレミアムレザーシリーズ

 さらに、OLYMPUS PEN-Fの発売を記念したキャンペーンを実施予定だ。対象期間の1月27日~3月31日(申込期間:2月26日~4月14日)に、日本国内の正規販売店でOLYMPUS PEN-Fを購入し、ユーザー登録を行ったユーザー全員に、オリンパスとアルティザン&アーティストの共同製作による「F」の花文字入りのレリーズボタン(ブラック/レッドの2色1セット)がプレゼント(非売品)される。

オリジナルレリーズボタン
オリジナルレリーズボタン

 さらに、期間中にOLYMPUS PEN-Fと対象レンズを購入の上、申し込んだ全員にもれなく、JCBギフトカード5000円分をキャッシュバックするキャンペーンも行われる。

 対象となるのは、「OLYMPUS PEN-F」ボディ、12mm F2.0レンズキットおよび、M.ZUIKO DIGITAL PREMIUMレンズ、M.ZUIKO DIGITAL 12mm F2.0、M.ZUIKO DIGITAL 17mm F1.8 M.ZUIKO DIGITAL 25mm F1.8、M.ZUIKO DIGITAL 45mm F1.8、M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm F2.8 Macro、M.ZUIKO DIGITAL ED 75mm F1.8。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加