logo

dTVとHuluがエミー賞受賞の話題作「Black Sails」を共同独占配信

加納恵 (編集部)2016年01月21日 11時00分
  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 映像配信サービスのdTVとhuluは1月21日、日本初上陸となる海外ドラマ「Black Sails/ブラック・セイルズ」を、2社共同で独占配信すると発表した。全8話から構成され、1月29日にエピソード1~4、2月12日にエピソード5~8を一挙に配信する。

 今回の共同配信は、Huluと米国の大手プレミアムチャンネル「STARZ」の包括的コンテンツ契約締結に基づき実現したもの。「良質な海外ドラマを提供していきたい」という両社の共通の思いから、初めて手を組み独占配信ができたとしている。

 Black Sailsは、映画「トランスフォーマー」や「アルマゲドン」などの監督を務めたマイケル・ベイ氏が製作総指揮を担当した話題作。人気小説「宝島」の20年前を描くオリジナルストーリーで、カリブ海を舞台に、財宝を積んだ船を追って出し抜き合いを繰り広げる海賊アドベンチャーになるという。

 米国では2014年にシーズン1が放送され、2016年1月にはシーズン3が放送開始されるとのこと。エミー賞2冠を獲得している。


海外ドラマ「Black Sails/ブラック・セイルズ」。(c)2014 Starz Entertainment,LLC

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

  • BCP対策:後編

    今、改めて考えたい、VDIのメリットと課題

  • BCP対策:前編

    「ビッグデータ」 から考える、働き方改革
    とBCP対策

  • 次の一手はこれだ!

    ZDNet×マイクロソフトが贈る特別企画
    今、必要な戦略的セキュリティとガバナンス

  • RPA特集

    同僚はITシステム?業務自動化は人+IT

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]