logo
CES 2016

Withings、E-Inkディスプレイを搭載するヘルストラッカー「Go」を発表

Kevin Tofel (Special to ZDNet.com) 翻訳校正: 水書健司 長谷睦 (ガリレオ)2016年01月07日 11時30分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
Scroll Right Scroll Left

 Withingsが送り出してきた健康関連のウェアラブルデバイスは、いずれもシンプルさを売りとしてきたが、新製品の「Withings Go」も例外ではない。この69ドルのヘルストラッカーは、低消費電力のディスプレイを採用しているほか、運動、睡眠、歩数、水泳を自動的に計測する機能を備える。

 Withingsによると、Goは丸いE-Inkタッチスクリーンと従来型の腕時計に使われる低価格なボタン電池を用いており、電池交換が必要になるまで8カ月間作動するという。

 画面には身体活動の進行状況を示す88の表示セグメントがあり、毎日の健康に関する目標を達成すると、この丸型デバイスを取り巻くすべてのセグメントが点灯する。

 Goは本体内部のセンサで各種の活動を識別できるため、きわめて簡単に使える。ウォーキングやランニングでは、歩数、距離、運動時間、消費カロリーを計測し、プールでは(Withings Goは防水仕様だ)泳いだ時間と消費カロリーを表示する。さらに夜には、浅い眠りと深い眠りのサイクルを測定し、睡眠パターンを記録してくれる。

 集められたデータはすべて、「Android」および「iOS」向けのアプリ「Withings Health Mate」に同期される。

 また、歩行や水泳、睡眠中でない場合は、Goの表示画面をタッチすれば、低消費電力のE-Inkディスプレイに一般的な時計の文字盤が表示される。

 Withings Goは、2016年第1四半期中の発売を予定している。本体はクリップで衣服に留めても、ポケットに入れておいてもよい。専用の時計バンドにはめ込んで、普通の腕時計のように装着することもできる。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

-PR-企画特集