logo

Twitter、ユーザーのツイートで操作するドローンの特許を取得

Steven Musil (CNET News) 翻訳校正: 緒方亮 吉武稔夫 (ガリレオ)2015年12月25日 10時08分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Twitterは米国時間12月17日、Twitterのユーザーアカウントを通じて共有できる写真や動画を撮影する無人航空機(UAV)の特許を取得した。Twitterユーザーの「いいね」、ツイート、返信でドローンの動きを操作し、これによりどのような画像を記録するかが決まる。

 コメントを求められたTwitterは今のところ回答していないが、Twitterの広報担当者はCNBCに対し、「二言で言えば、ドローンによる自撮り(drone selfies)だ」とだけ答えた。

 ドローンは、コンピュータ制御のローター4基で空中に浮かぶクアッドコプターで、ほとんどがカメラを搭載している。消費者は先を争って入手し、企業は利用法を模索するなど、今や人気商品だ。米連邦航空局(FAA)局長のMichael Huerta氏によると、2015年のホリデーシーズンには40万機以上が購入される見込みだという。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

-PR-企画特集