logo

J:COM、テレビ通販の「ショップチャンネル」を子会社化

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ジュピターテレコム(J:COM)は12月24日、テレビショッピング事業を展開するジュピターショップチャンネルの株式50%を取得し、子会社化することを発表した。この株式50%は、ベインキャピタル・パートナーズ・LPが投資助言をする投資ファンドが特別目的会社を通じて保有するもの。

 これにあわせて、KDDIが住友商事保有のジュピターショップチャンネルの株式のうち5%を取得した。ジュピターショップチャンネル株の所有状況は、ジュピターテレコム50%、住友商事45%、KDDI5%となる。取引は、国内外の競争法関連当局の承認が得られることなどを条件として、本年度中に完了する予定だという。

シナジーのイメージ
シナジーのイメージ

 ショップチャンネルは、1996年11月に日本で初めて生放送を取り入れたショッピング専門チャンネルを開局し、現在は24時間365日生放送を実施している大手のテレビ通販企業。ケーブルテレビや衛星放送などを通じ、無料で全国2871万世帯で視聴可能となっており、年間売上高は1365億円と創業以来18期連続増収を続けているという。

 ジュピターテレコム、住友商事、KDDIの3社は今後、それぞれの経営資源を生かし、新たな通販番組の開発や、テレビとインターネットの両輪で新たな顧客層にリーチすることで、ジュピターショップチャンネルの事業拡大を図るとしている。また、今回の資本参加により、スマートフォンとテレビ通販を組み合わせた新たなサービスも提供していく予定だという。

-PR-企画特集