重さはツゲの10倍--銀行などで使える金属製「ガールズ&パンツァー」砲弾型“痛印”

佐藤和也 (編集部)2015年12月16日 17時15分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 「至高の痛印『ガールズ&パンツァー 劇場版』オリジナル描き下ろしイラスト印鑑セット」
Scroll Right Scroll Left

 「至高の痛印『ガールズ&パンツァー 劇場版』オリジナル描き下ろしイラスト印鑑セット」

 イラスト印鑑通販店「痛印堂」を運営するTOSYOは12月16日、アニメ「ガールズ&パンツァー 劇場版」とのタイアップによる、ガールズ&パンツァーの世界観にあわせた砲弾型印鑑「至高の痛印『ガールズ&パンツァー 劇場版』オリジナル描き下ろしイラスト印鑑セット」を発売する。砲弾型印鑑(丸印)1本と化粧箱、レザー捺印マットがセットで価格は税別2万5000円。販売期間は12月18日から27日までの10日間限定で完全受注生産。発送は2016年3月から5月を予定。

 これは、部屋に飾れる印鑑と銀行印としても使える印鑑をコンセプトにしたオリジナル印鑑セット「至高の痛印」シリーズのひとつとして発売するもの。作中に登場する砲弾の資料を参考に3D設計を行い、印材の素材には金属のアルミニウムを採用。砲弾型に加工しアルマイト処理と日本戦車道連盟のマークを施したもので、一般的に使われるツゲの印鑑と比較して、重さは約10倍としている。同社では砲弾型の印鑑は世界で初めてとうたっている。

 印面に彫刻される絵柄には、あんこうチームのリーダーである西住みほをはじめ、武部沙織、五十鈴華、秋山優花里、冷泉麻子の計5キャラクターを用意。彫刻文字と書体は購入者が選べるオーダーメイド印鑑となっている。

 砲弾型印鑑を収める化粧箱は、各面に焼き印を施した特製の木箱。またレザー捺印マットには、砲弾型印鑑を持った秋山優花里の描き下ろしイラストがデザインされている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加