logo

Twitter、画像をトリミングせず全体表示に--複数画像のレイアウトも変更

Daniel Van Boom (CNET News) 翻訳校正: 湯本牧子 高森郁哉 (ガリレオ)2015年12月09日 12時07分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Twitterは今後、タイムライン上に投稿される写真をトリミングしないで表示する。

 Twitterは11月に「お気に入り」機能を「いいね」に変更したが、多くのユーザーはこの変更を喜ばなかった。Twitterはさらに今回、一連の新たな変更を導入した。

 最大の改良は、Twitterのウェブサイトを通じてアクセスするタイムライン上で、写真がトリミングされずに表示される点だ。米国時間12月8日までは、最初はアップロードされた写真の一部だけが表示され、全体を見るにはトリミングされた画像をクリックする必要があった。今後は、小さめの写真や横長の画像であれば自動的に全体が表示される。ただし、縦長の画像で比較的大きなものは今後も多少トリミングされる。

 Twitterはさらに、複数の写真の表示も変更した。画像が4枚ある場合、以前は同じサイズで並べていたが、今後は大きなメイン写真を1枚表示し、その隣に3枚の小さな写真を表示する。

 Twitterで製品マネージャーを務めるAkarshan Kumar氏は、今回の発表に合わせて次のように述べた。「Twitterはテキストのみのプラットフォームとして始まったが、リッチメディアは体験に不可欠なものになっている。本日から、われわれは写真をトリミングしないで表示することで、twitter.comのタイムラインをより没入しやすいものにした。これによってユーザーは、意図された通りに写真を提示したり、体験したりすることが可能になる」


提供:Twitter

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

-PR-企画特集