モジラ、iOS向けコンテンツブロッカー「Focus by Firefox」公開

Kevin Tofel (Special to ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部2015年12月09日 11時01分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 米国時間12月8日、「iOS」向けに新しいコンテンツブロッカーが公開された。その提供元は、ウェブの世界では知名度の高いMozillaだ。

 Mozillaは8日、「Focus by Firefox」をリリースした。Focus by Firefoxはプライバシー管理に注力し、オープンソースのブロックリストを使用する。

 「iTunes App Store」で提供されているこの無料アプリは、モバイルウェブサイトによるユーザーデータのトラッキングやウェブフォントの表示をブロックする。これらはすべて、モバイルブラウジング体験の高速化に貢献し、なおかつユーザーのプライバシーも保護する。

 Appleは「iOS 9」でウェブコンテンツブロッカーのサポートを導入しており、いくつかの効果的なオプションが利用できる。例えば、筆者はこれまで、「1Blocker」を使って、トラッキングやウェブポップアップをブロックしていた。

 それでは、Focus by Firefoxはどこが異なるのだろうか。それは主にブロック対象サイトのリストだ、とMozillaは話す。

 「多くのコンテンツブロッカーでは、何をブロックするのかを決定する基準が明確でない。ブロックの基準が開示されていない。ブロックされたコンテンツプロバイダーが改善を実行して、ブロックを解除してもらう手段も提供されていない。一部のコンテンツブロッカーは、金銭と引き替えに企業をリストから削除している」(Mozilla)

 自らの核となる信念に忠実なMozillaは、Focus by Firefoxにオープンソースのウェブブロックリストを実装する道を選択した。

 Focus by FirefoxはDisconnectの公開リストを使用している。Disconnectは、トラッキングを明確に定義しており、ブロックリストの更新状況も公開している。

 Disconnectは、企業をブロックリストから除外するプロセスも用意している。ユーザーの「Do Not Track」設定に従うことに同意した企業などがその対象になる。

 本質的には、Focus by Firefoxの機能はほかのiOS 9向けコンテンツブロッカーと何ら変わらないが、非常に開放的でオープンソース重視のアプローチを採用している点が異なる。

 残念なことに、Focusは先頃リリースされたiOS版「Firefox」と一緒に使うことはできない。

 なぜなら、Appleは現在、サードパーティー製iOSブラウザがコンテンツブロックアプリをサポートすることを認めていないからだ。Mozillaは、将来的にAppleのモバイル端末向けにそうしたサポートを追加する方法を模索する、と話している。


この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加