logo
Indiegogo

マーティも驚く未来のスニーカー「ShiftWear」--模様の変更やアニメ表示が可能

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 電子ペーパーでデザインを変えられるブレスレット「Eyecatcher」とApple Watch用バンド「Bracelite」を紹介したが、今度は表面の模様を変更できるスニーカー「ShiftWear」がクラウドファンディングサービス「Indiegogo」に登場した。

マーティも驚く未来のスニーカー(出典:Indiegogo)
マーティも驚く未来のスニーカー(出典:Indiegogo)

 ShiftWearは、電子ペーパー画面(EPD)を表面にあしらったスニーカー。スマートフォンのアプリから表示する画像を選べる。カラーEPDなので、鮮やかな表示が可能。静止画だけでなく、アニメーション表示にも対応している。

スマホで自由にデザインを変更(出典:Indiegogo)
スマホで自由にデザインを変更(出典:Indiegogo)
アニメ表示も可能(出典:Indiegogo)
アニメ表示も可能(出典:Indiegogo)

 表示を変更しないかぎり電力を使わないEPDは消費電力が少なく、最大で30日間バッテリが持つという。充電は非接触式を採用。さらに、歩く際に生ずるエネルギーを電力に変換する機構を搭載し、歩くだけで充電できるそうだ。

 もちろん防水で、洗濯機に入れて洗える。ローカットからハイカットまで「L1 Classic」「M1 Classic」「H1 Classic」の3モデルを用意する。

 Indiegogoでの目標金額は2万5000ドル。記事執筆時点(日本時間12月7日17時)でキャンペーン期間は16日残っているが、すでに目標の8倍を超える約20万6000ドルの資金を集めている。

-PR-企画特集