Indiegogo

水分補給のタイミングを教えてくれるスマートなボトル「SIPPO」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 汗をかく夏はもちろん、乾燥する冬も健康のため十分な水分を摂ろう。そのため水筒を持ち歩くとよいが、仕事に集中していたりすると飲むのをつい忘れてしまう。

 そこで、水分不足にならないよう、適切なタイミングで水分補給を促してくれるスマートな水筒「SIPPO」を紹介する。現在クラウドファンディングサービス「Indiegogo」で支援募集中。


適切なタイミングで水分補給を促す(出典:Indiegogo)

 SIPPOは、スマートフォンとBluetoothで連携し、水を飲むタイミングを必要に応じて通知するマグボトル。同様のスマート水筒「Trago」を以前紹介したが、Tragoはアスリートのパフォーマンス向上を目指していたのに対し、SIPPOは普段の生活を送る際の疲労防止と健康維持が目的だ。

 専用アプリをスマートフォンにインストールし、体重や活動状況などのデータを設定すると、SIPPOとアプリが通信してユーザーに合った水分補給をアドバイスする。現時点で通知を出すのはスマートフォンに対してだけだが、今後タブレットやPC、スマートウォッチにも対応させる考え。


スマートウォッチなどにも対応させる計画(出典:Indiegogo)

 水筒内の水分量を計測したりスマートフォンと通信したりするモジュールは、SIPPOの下部に設けられている。食器洗い機に入れることなどを想定し、SIPPO本体から簡単に外せる。


食器洗い機に入れることも可能(出典:Indiegogo)

 Indiegogoでの目標金額は2万5000ドル。記事執筆時点(日本時間12月7日11時)でキャンペーン期間は17日残っているが、すでに目標を上回る約4万4000ドルの資金を集めている。SIPPOの開発チームは、5万ドルを超える資金が寄せられたら、キャンバス製キャリングバッグと、SIPPOの内部に取り付け可能な好みの茶葉が楽しめるインフューザーもセットに含めるという。


5万ドル到達でバッグなどをセットに(出典:Indiegogo)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加