Androidアプリレビュー

Wi-Fiに限定した速度チェックができる「WiFi Speed Test」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
アプリ名:WiFi Speed Test
金額:無料(2015年12月5日時点)
カテゴリ:ツール
開発:Zoltán Pallagi
使用端末:Xperia Z3 Compact
おすすめ度:★★★★☆

 「WiFi Speed Test」は、Wi-Fiの通信速度をチェックできるアプリだ。WAN側も含めたインターネット回線の速度を計測するためのアプリは多数存在するが、本アプリのようにWi-Fiに限定してLAN内の通信速度を測定できるアプリは珍しい。

  • ホーム画面。まずは「Upload」「Download」「Both」の3択のいずれかを選んだのち、最高速度と平均速度のどちらを計測するかを選択する

 仕組みとしては、LAN上にあるPCまたはNASの共有フォルダを指定し、そこに対してデータの読み書きをして、通信速度を計算するという流れになる。利用にあたっては、まず最初に「Upload」「Download」「Both」の3択からいずれかを選んだのち、最高速度と平均速度のどちらを計測するかを選択する。

 続いてTCP/UDP、SMB、FTPなどサーバとの通信モードを選び、データの読み書きをするPCもしくはNASのIPアドレスとフォルダを指定する。このほかポート番号や、共有フォルダへのログインに必要なIDとパスワードも設定し、データの読み書きができるようにする。

 以上の設定が終わったら、Startボタンをタップして測定を実行する。指定したフォルダに対してデータが読み書きされ、通信速度が表示される。値は自動的に保存されるので、チャンネルを切り替えたり、11aや11n、11acなど通信規格を切り替えて繰り返し測定することで、過去の測定値と比べてどのくらい速度が変化したかを手軽に確認できる。

 設定にはネットワークの知識がある程度必要になる上、アプリが英語表示ということもあって、利用にあたってのハードルはかなり高いが、ほかにあまりないアプリということで、得られる情報は貴重だ。このほか帯域が干渉していることを教えてくれる機能もあるので、Wi-Fi環境を見直したい場合に重宝するアプリと言えそうだ。

  • TCP/UDP、SMB、FTPなどサーバとの通信モードを選び、データの読み書きを行うPCもしくはNASのIPアドレスを指定する。今回はNASの共有フォルダへの読み書きを行うため、SMBを選択している

  • 読み書きするデータのサイズを指定することも可能

  • 設定が終わったら「Start」をタップして測定を実行する。下段のバーに読み書きの進捗が表示され、完了すると中央左右の「Up」「Down」に測定結果(Mbps)が表示される

  • スピードメーターのほかグラフでも表示できる

  • 履歴も記録されるので、Wi-Fiの設定を変更したことで速度がどのように変化したかも確認しやすい。できればUpとDownを分けて表示できるようにしてほしいところ

  • 利用中のWi-Fiの詳細なデータも表示できる。帯域が干渉している場合はその旨も知らせてくれる

>>「WiFi Speed Test」のダウンロードはこちらから

ビジネスアプリセンター

Androidの記事一覧はこちら

  • このエントリーをはてなブックマークに追加