農産や水産のオーナー制度プラットフォーム「OWNERS」--エル・エス・ピー

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 エル・エス・ピーは12月1日、農産・水産・加工品を対象としたコミュニケーション型オーナー制度プラットフォーム「OWNERS(オーナーズ)」を公開した。オーナー制度とは、消費者が果物・野菜などの生産物(区画や木など)に対して事前に登録をし、登録期間中の「オーナー」として収穫物や完成した商品を受け取れる仕組みのこと。


「OWNERS」

 OWNERSでは、農産・水産・加工品の生産者が、こだわりのオーナー制度プランを公開し、消費者は登録費を支払うことで登録期間中は自分が気に入った生産物のオーナーになれる。生産物ができる完成までのプロセスを生産者と共有しながら、生産物や商品を受け取れる。

 また、OWNERSの特徴として、事前注文数が確定していないと生産できない加工品など、オーナー制度だからこそ提供できるプランをラインアップ。オーナーは、すべて定員制で募集する。

 さらに、自身がオーナーとして登録した生産物ができるまでのプロセスを、OWNERS上で生産者が発信するので、生産物が届くまでの時間を他のオーナーたちと共有できるという。オーナー特典の中には、登録した生産物が届くだけではなく、現地で生産者の収穫の手伝いができる「体験」を含めたプランもある。届いた商品は自身で楽しむだけでなく、ギフトとして生産地から直接発送することも可能とのことだ。


「釈迦のりんご農園」

 同リリースのタイミングで、北海道むかわ町「ASUKAのチーズ工房」、青森県平川市「釈迦のりんご農園」、千葉県館山市「RYO‘S FARM」、熊本県玉名市「新選組」、熊本県相良村「川上製茶」といった、全国の生産者から選りすぐった5つのプランをラインアップしている。プランは近日公開のものもあり、今後は日本酒や水産品などのオーナー制度を随時更新予定だという。

 プランの例として、「釈迦のりんご農園」では、「葉とらずサンふじ」と「王林」、通常の市場には出回らない規格外のりんごで作る「特製りんごジュース」が年間/全4回というプランが登録費1万3000円(消費税・年間4回分の送料込み)で提供される。「川上製茶」では、四季折々のお茶と「茶器」がセットで年間/全4回届くプランが登録費1万6000円(消費税・4回分の送料込み)となっている。


「川上製茶」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加