logo
Indiegogo

置き忘れやカードの入れ忘れを警告するスマート財布「Walli」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 家から持って行くのを忘れたり、店で会計したときに置き忘れたりしがちな財布には、忘れ物防止タグを付けておくと良い。だだ、こうしたスマートタグは財布の中身まで管理できないので、運転免許証やクレジットカードなどを入れ忘れるとお手上げだ。

 しかし、クラウドファンディングサービス「Indiegogo」に登場したスマート財布「Walli」なら、財布そのものの置き忘れだけでなく、財布の中に入れておくべきものがない場合も警告してくれる。


置き忘れやカードの入れ忘れを防ぐスマート財布(出典:Indiegogo)

 Walliは、Bluetoothでスマートフォン上のアプリと連携し、さまざまな機能を提供するスマート財布。家や店に忘れてスマートフォンとの距離が離れると、アプリが教えてくれるので取りに戻れる。


財布を忘れていませんか?(出典:Indiegogo)

 逆に、スマートフォンを探す機能も備えている。スマートフォンの置き場所が分からなくなったら、Walliをダブルタップしてスマートフォンのアラームを鳴らせば見つけられる。アラームは、スマートフォンをマナーモードにしていても鳴る。


財布からスマホを探せる(出典:Indiegogo)

 Walliのもっとも特徴的な機能は、中身の入れ忘れを防ぐスマートポケット「SecurePockets」だ。このポケットは、普段入れられているカード類がある程度以上の時間ポケットに戻されないと、アプリを介して警告してくれる。この機能により、支払いに使ったクレジットカードを店に置き忘れてしまうことを防げる。


カードを入れ忘れていませんか?(出典:Indiegogo)

 また、Walliは電波を通さないようになっていて、非接触式ICカードがスキミングされる心配もない。

 Indiegogoでの目標金額は2万5000ドル。記事執筆時点(日本時間11月20日11時)で、すでに目標を上回る約3万ドルの資金を集めている。

-PR-企画特集