マイクロソフト、顔の表情から感情を読み取る技術を開発

Katie Collins (CNET News) 翻訳校正: 水書健司 長谷睦 (ガリレオ) 編集部2015年11月12日 09時50分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ロンドン発--Microsoftで人工知能(AI)の開発に取り組む「Project Oxford」チームが英国時間11月11日、同社イベント「Future Decoded 2015」において、感情を読み取る技術を披露した。顔の表情に関する知識を利用して、写真に写る人間の感情を識別するという。

 開発者を対象にベータ版としてリリースされた同ツールは、怒り、軽蔑、恐れ、嫌悪、喜び、中立、悲しみ、驚きという8つの中核的な感情的状態を認識するようにコンピュータをトレーニングする。

 現時点では、同ツールは決して完全ではなく、人間のあらゆる感情を認識する能力は備えていない。しかし、可能性を秘めてはいる。Microsoft Research Cambridgeを率いるChris Bishop氏は、このツールを使って複数の人間の複数の感情を同時に追跡する様子と、それぞれの感情が0から1のスケールで登録される様子をデモで披露した。

 Microsoftは、この技術が現実世界の文脈で導入された際の姿について、同社が思い描くいくつかの例を示している。マーケティング業者であれば、これを顧客の反応の測定に利用できるかもしれないし、あるいはこの技術をメッセージングアプリに埋め込み、画像の中の感情を解釈できるようにすることも可能だろう。


提供:Microsoft

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加