「Flickr」アプリ、Appleの「3D Touch」機能に対応

Lance Whitney (Special to ZDNet.com) 翻訳校正: 矢倉美登里 高森郁哉 (ガリレオ)2015年11月09日 10時14分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Flickrのオンライン写真保管アプリはこのたび、Appleの新しい「iPhone 6S」「iPhone 6S Plus」の「3D Touch」機能を活用できるようになった。

 米国時間11月5日にリリースされた「Flickr for iOS version 4.0.6」は、Appleの3D Touchを利用して、ユーザーが特定の機能にアクセスするのを助けてくれる。iPhoneの新しい2モデルとモバイルOS「iOS 9」とともに導入された3D Touchのおかげで、ユーザーはこれまでよりも少ない手順で、少し速くタスクを実行できる。

 たとえば、Flickrのアイコンを強くプレスして、アプリを直接開くことができる。アイコンを軽くタップすると、「クイックアクション」メニューが表示され、写真をアップロードする、自分の写真に他のユーザーがつけたコメントの通知を見る、ホーム画面から検索を行う、といったオプションを選べる。

 最新バージョンのFlickrはまた、3D Touchの可能性を広げている。カメラロールを開いて、保存した写真をすべて表示しているとき、特定の写真をプレスしてプレビュー表示にしてから、指を左右に動かして他の写真をチェックできる。写真を大きく表示させたい場合は、強くプレスするとフルスクリーン表示にできる。

 今回の機能強化は、3D Touch関連にとどまらない。新バージョンのFlickrでは、iPhoneや「iPad」の「Spotlight検索」機能を利用して、アルバムやグループ、他のアイテムを検索できる。つまり、これらを検索するのに、Flickrアプリを開く必要さえないということだ。また、写真へのリンクを送受信した場合、これらのリンクは、「Safari」ブラウザではなくFlickrアプリ内で開けるようになった。

AppleのモバイルOS向け Flickrの最新アプリは、新しい機能をいくつか搭載しているが、そのいつくかを使用するにはiPhone 6sまたはiPhone 6s Plusが必要だ。
AppleのモバイルOS向け Flickrの最新アプリは、新しい機能をいくつか搭載しているが、そのいつくかを使用するにはiPhone 6sまたはiPhone 6s Plusが必要だ。
提供:Flickr

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加