スポーツカー、電気自動車、自動運転--夢が現実に近づいた東京モーターショー2015 - (page 2)

  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

電気自動車への流れは止められない

 もともと数十年の長期的なロードマップとして、電気自動車への流れがあると考えていた人やメーカー、サプライヤーは非常に多い。電気自動車がいつ爆発的な普及をするかどうかは、バッテリの容量や価格、充電環境といった課題をクリアできるどうか、それがいつなのか、ということにかかっている。

日産の「ニッサン IDS コンセプト」は自動運転の電気自動車
日産の「ニッサン IDS コンセプト」は自動運転の電気自動車

 そして、電気自動車へのシフトを見込んで次の手を出しているのが日産や三菱だ。量産電気自動車を手がけているのはその2社ということもあるが、日産の「ニッサン IDS コンセプト」は自動運転とEVの組み合わせ。三菱自動車の「eX Concept」はコンパクトSUVとし、次のステップとして、さまざまなタイプの電気自動車を増やして自動車の多彩な需要に応えるとともに、電気自動車ならではのスタイルや使い道も提案しようとしている。

 充電環境のほうでも、家に200Vの屋外コンセントをつければ電気自動車の充電環境整備という意味ではこれでよいが、毎日の充電をより便利にするための充電機器も開発が進んでいる。

三菱自動車の「eX Concept」はコンパクトクラスのSUV
三菱自動車の「eX Concept」はコンパクトクラスのSUV

 200Vのコンセントを付けても、充電量はクルマ側の事情や操作に合わせて充電されるだけで、家側のブレーカーが落ちそうな時や、今の時間だけ電化製品を使ってないから大電流で充電したいといったシーンでの制御はできなかった。それに対する新しい試みとして双方向通信に対応した家庭用充電器の参考出品が見られた。

 家の配電盤のセンサと協調することで、連続的に充電量を変化させることができ、ブレーカーを落とさず、しかも200Vの普通充電よりも早く充電することが可能になる。価格はまだ不明だが、量産次第では相当に安くなるはずだ。

 ひところほど大きなトピックにはならないが、じわじわと電気自動車の普及に対応する環境整備が行われているのだ。

デンソーが参考出品した家庭用の大容量充電器。取り付けには工事が必要になるが、国内の電気自動車の充電規格に合致している
デンソーが参考出品した家庭用の大容量充電器。取り付けには工事が必要になるが、国内の電気自動車の充電規格に合致している

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]