「Skype for iPhone」、アップデートで「3D Touch」に対応

Lance Whitney (Special to CNET News) 翻訳校正: 湯本牧子 吉武稔夫2015年10月30日 12時14分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Skypeは、「iPhone」向けアプリの新バージョンをリリースした。「3D Touch」やフィルタに対応したほか、会話の管理機能が改良されている。

 「Skype for iPhone」のバージョン6.5では3D Touch機能が組み込まれたため、アプリ本体を操作しなくても特定のSkype機能に直接アクセスできる。3D TouchはAppleの「iPhone 6s」および「iPhone 6s Plus」で利用できる機能で、タッチスクリーンに加わる圧力の強さを感知する。画面上のSkypeアイコンを強く押すと、クイックアクションのリスト(Skypeの連絡先の検索、通話またはチャットの開始、Skypeダイヤルパッドへのアクセス)が開くので、そこから操作を開始できる。

 このSkypeアプリでは、軽く押すと最近の会話を「Peek」で表示でき、強く押すと会話を前面に表示できる。さらに、強く押してビデオチャットを「Pop」で表示することもできる。誰かと会話している時に相手が位置情報、写真、URL、または連絡先情報を共有した場合は、その情報をタップして「Peek」で見るか、あるいはさらに強く押せば情報を前面に表示できる。


この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加