Kickstarter

どんな熱源も電気にするモバイル発電機「Warpfive Generator」--キャンプのお供に

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 キャンプや登山に行く場合、スマートフォンは情報収集手段として役立つし、いざというは連絡手段になる大切なツールだ。ただし、何泊もする日程だと電池が切れてしまうし、モバイルバッテリは重くてかさばるので持って行きたくない。太陽電池式のモバイルチャージャーは、発電能力が物足りない。

 それに対し、熱を電気に変えるモバイル発電機「Warpfive Generator」は実用的だ。現在クラウドファンディングサービス「Kickstarter」で支援を募集している。


熱を電気に変えるモバイル発電機(出典:Kickstarter)

 Warpfive Generatorは、アウトドア用のガスバーナーや固形燃料、たき火など、あらゆる熱源から発電するデバイス。大きさは高さ110×幅85×奥行き85mmとコンパクト、重さは490gと軽く、キャンプ道具の隅に入れやすい。


コンパクトで軽く邪魔にならない(出典:Kickstarter)

 これまでも同様の小型発電機は存在した、Warpfive Generatorは熱源の種類を選ばないことが特徴。ある程度以上の熱が得られれば発電するので、太陽光を集めて電気を作ることも可能だ。


太陽光を集めて発電(出典:Kickstarter)

 発電する場合は、熱源から電気を作る発電モジュールと、電力を溜めておくバッテリモジュールに分けて使う。バッテリモジュールは単独で機能するので、テントに持ち込んで寝ている間にスマートフォンを充電するといった使い方ができる。


バッテリモジュールは単独で充電に使える(出典:Kickstarter)

 Kickstarterでの支援受付期間は日本時間11月27日まで。目標金額の3万ポンドに対し、記事執筆時点(日本時間10月29日15時)で集まった資金はまだ713ポンド。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加