ニフティ、MVNO初の電話かけ放題サービス「NifMo でんわ」を開始

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ニフティは10月29日、同社が提供するMVNOサービス「NifMo」のオプションとして、MVNO初の月額定額電話かけ放題サービス「NifMo でんわ」を提供すると発表した。


「NifMo でんわ」

 NifMo でんわは、専用アプリを利用したIP電話サービス。1カ月あたりの通話時間や回数に制限なく、月額定額で固定電話・携帯電話に電話をかけられる「国内かけ放題プラン」と「国内+海外かけ放題プラン」という2つのプランが用意されている。法人会員でも利用できるため、電話でのやり取りが多い業務に活用できるとしている。

 国内かけ放題プランは、月額1300円で利用できるプラン。固定電話、携帯電話(070番号、080番号、090番号)および、IP電話(050番号)への発信が可能。ただし、緊急通報用番号(110、118、119)やフリーダイヤル、ナビダイヤルなど、一部発信できない番号がある。

 国内+海外かけ放題プランは、月額2700円で利用できるプラン。日本国内の固定電話・携帯電話に加えて、対象国の固定電話・携帯電話への発信が可能。プラン変更には手数料がかからないが、利用開始月および、利用開始月の翌月から2カ月以内に各かけ放題プランの契約を解除した場合、解除手数料として3000円かかる。


画面イメージ(左から発信画面、電話帳、発信者番号通知設定、発信履歴送信画面)

 NifMo でんわは、海外のネットワークを利用しているため、通話先の通信会社によっては、「通知不可能」または「非通知」と表示されたり、発信者番号の先頭に日本の国番号「+81」が表示されたりするという。その場合、任意でアプリからSMSを送信し、相手に自分が電話をしたことを通知する機能も搭載する。SMS送信時には、送信料(国内:3円/1通)がかかる。

 専用アプリは、現在利用しているスマートフォンの電話帳や着信履歴と自動同期されるため、面倒な電話帳移行をすることなく利用できる。アプリについては、サービス開始日の10月29日よりAndroid版の提供を開始する。今後は、iOS版の提供も予定しているという。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加