logo
Kickstarter

スマートな栽培キット「Biopod」--マイクロハビタットを自動維持

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 秋も深まり、紅葉や初雪の便りも届き始めた。オフィスの窓から楽しめた緑もすっかり色あせたので、観葉植物でも部屋に置こうかと思いつつ、水やりや温度管理で失敗したり、猫にいたずらされたりして駄目にしてしまうのは目に見えている。

 しかし、クラウドファンディングサービス「Kickstarter」で見つけたスマートフォンと連携する「Biopod」なら、手間なくデスクで緑を楽しめそうだ。


スマホで緑を管理する(出典:Kickstarter)

 Biopodは、水槽のような容器内にマイクロハビタットを作れるキット。温度センサと湿度センサを備え、LED照明やヒーター、霧吹き、通気機能などで植物や動物に適した環境を自動的に維持する。

 無線LAN(Wi-Fi)でスマートフォンと連携し、アプリからBiopod内の環境を管理できる。


マイクロハビタットを維持できる(出典:Kickstarter)

 使い始める場合は、内部に土や水、肥料などを入れ、アプリで育てる植物や動物の種類を選ぶ。あとはBiopodが環境を保ってくれるので、基本的に眺めて楽しむだけでよい。

 純粋に草や苔などの植物を愛でてもよいし、野菜やハーブを作って収穫してもよい。可愛らしいカエルやトカゲを育ててもよいだろう。


植物だけでなく動物も(出典:Kickstarter)

 ビデオカメラも搭載しており、インターネット経由でBiopod内の映像が見られる。外出していても、ペットのトカゲのようすを確認できれば安心だ。外部からアプリで操作することも可能。


離れていても観察できる(出典:Kickstarter)

 Kickstarterでの支援受付期間は日本時間11月4日まで。記事執筆時点(日本時間10月23日17時)で、目標金額3万カナダドルの9倍を超える約28万カナダドルの資金を集めている。

-PR-企画特集