NTTデータ、Fintechサービスとネットバンキングを接続するAPI連携サービス

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 NTTデータは10月22日、家計簿アプリなどの個人資産管理(PFM)サービスやクラウド会計サービスなどのFintechサービスと、NTTデータが金融機関に提供する共同利用型の個人向けインターネットバンキングサービス「AnserParaSOL」を接続するAPI連携サービスの提供を2015年度中に始めると発表した。Fintechサービスと金融機関とをAPIで連携し、金融機関におけるFintech活用を支援する。

 利用者はインターネットバンキング上で、自身の銀行取引データを連携するFintechサービスの銘柄、情報連携範囲を指定でき、当該認可情報にもとづき、インターネットバンキングからFintechサービスへ情報連携ができるようになる。また、自身のインターネットバンキングのIDとパスワードをFintechサービスに事前登録することなく銀行取引データを自動取得できるようになる。

 第1弾として、AnserParaSOLの機能を追加し、個人がFintechサービスを利用する際の照会系業務に限定したAPIを提供。続く第2弾として、AnserBizSOLでのAPI提供を検討している。


API連携サービスのイメージ図

 同サービスは、2014年12月にNTTデータが開催した「豊洲の港から」オープンイノベーションコンテストで、最優秀賞を受賞したマネーフォワード、優秀賞を受賞したfreeeと以前から共同検討を進めており、両社と共同で2015年度中にサービスの提供を開始するという。


連携先Fintechサービス(予定)

今後NTTデータが提供するFintechプラットフォームのイメージ図

 マネーフォワードによると、NTTデータが提供するインターネットバンキングAPI連携サービスを用いることで、よりセキュアなデータ連携が可能になり、将来的に認証APIを利用することで、金融機関が提供するスマートフォンアプリとマネーフォワードが提供する家計簿サービス「マネーフォワード」のシームレスな連携が可能になるという。

 さらに、NTTコミュニケーションズ、ならびに弥生が提供するFintechサービスとの連携も予定しているとのことだ。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加