Androidアプリレビュー

繰り返し参照するファイルのショートカットをホーム画面上に作れる「File Shortcut」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
アプリ名:File Shortcut
金額:無料(2015年10月24日時点)
カテゴリ:ツール
開発:75py
使用端末:Xperia Z3 Compact
おすすめ度:★★★★☆

 「File Shortcut」は、Androidのホーム画面に、さまざまなファイルのショートカットを作成できるアプリだ。写真やテキストファイル、あるいはOfficeファイルやPDFに至るまで、さまざまなファイルをホーム画面から直接起動できるので、頻繁に参照するファイルのショートカットを作成しておくことで、ファイルの参照が容易になる。

  • アプリは共有メニューなどから起動する仕組み。アプリを起動しても表示されるのはこの説明だけだ

 本アプリをインストールした端末でショートカットを作成するには、該当のファイルを適当なファイラーアプリで表示させ、「共有」メニューから「File Shortcut」を選択する。ショートカットにつけるラベルおよびアイコンを選択して「OK」をクリックすると、ホーム画面にアイコンが表示される。あとはアイコンをタップすれば、すぐにそのファイルが表示されるというわけだ。

 ファイルのショートカットを作る利点は、わざわざアプリを立ち上げなくとも、ダブルタップだけですぐ中身が参照できることだ。通常であれば、ファイラーアプリもしくはそのファイルに関連付けられたビューアアプリを起動し、該当のファイルを探して開くという2ステップが必要になるが、本アプリを使えば、ホーム画面のショートカットをダブルタップするだけで直接起動できる。

 こうしたことから、時刻表の写真、家族の写真、タスクを書き留めたテキストファイル、繰り返し観たい動画ファイルなど、さまざまなショートカットをホーム画面に配置しておくことで、参照が容易になる。本体内蔵メモリ内ではなくSDカードに保存されたファイルも対象にできるので、階層が深く探しにくいファイルに一発アクセスする用途にも適している。

 ショートカットのラベルは自由に書き換えが可能なほか、アイコンも全8種類から選べるので、見分けもつきやすい。機能はシンプルだが、Androidではありそうでなかったアプリということで、工夫次第で便利に使えることだろう。

  • ショートカットを作成するには、まず適当なファイラーアプリで該当のファイルを選択し、メニューから「共有」を選択

  • 「File Shortcut」をタップ

  • ショートカットにつけるラベルおよびアイコンを選択して「OK」をクリック

  • ホーム画面にショートカットが作成された

  • タップすると指定したファイルが関連付けられたアプリで開かれる

  • アイコンはファイルタイプ別に8種類が用意されており、さまざまなファイルのショートカットをホーム画面に置くことができる

>>「File Shortcut」のダウンロードはこちらから

ビジネスアプリセンター

Androidの記事一覧はこちら

  • このエントリーをはてなブックマークに追加