アマゾンの広報責任者、NYTによる「過酷な職場」報道をあらためて非難

Paula Vasan (CNET News) 翻訳校正: 佐藤卓 吉武稔夫 (ガリレオ)2015年10月20日 11時54分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Amazonは、同社の職場がホワイトカラーにとって「ときに過酷な」場所であると報じたThe New York Times(NYT)の記事に対し、依然として大きな不満を抱いているようだ。

 Amazonの広報責任者を務めるJay Carney氏は、米国時間10月19日付けのブログで、NYTの記事に書かれている数多くの主張の妥当性に異議を唱え、主要な情報提供者の信頼性に疑問を投げかけ、公正な報道をする意志がないとしてNYTを非難した。

 「あの記事が掲載された後、われわれには記事がAmazonのことを誤って伝えていることが分かった。特にショッキングないくつかの逸話を詳しく調べたところ、その理由が判明した。そこで数週間前、われわれはNYTに調査結果を提供し、記事を訂正するための措置を講じてくれることを期待した。だが、彼らは何もしなかったので、われわれはこの件について自ら書くことにした」とCarney氏は記している。

 NYTが問題の記事を掲載したのは今から2カ月前のことで、100名を超えるAmazonの従業員と元従業員に対するインタビューに基づく記事だとNYTは述べていた。「Inside Amazon: Wrestling Big Ideas in a Bruising Workplace」(Amazonの内情:過酷な職場で壮大な仕事と格闘する)という見出しが付いたこの記事は、Amazonについて、従業員が会議の場で同僚のアイデアをこき下ろし、同僚に対する評価をその上司にこっそりと送り、長時間の残業をこなし、「不当なまでに高い」基準を満たすことを求められる場所だと報じていた。

 世界最大の売上を誇るオンラインストアであるAmazonに対する世間のイメージは、この記事によって損なわれた。

 NYTは今回のCarney氏の投稿に対して自社の記事を擁護し、記事はAmazonの職場文化を「正確に描写」したものだと述べている。

 NYTの編集責任者を務めるDean Baquet氏は、次のように記している。「指摘しておかなければならないのは、あなた(Carney氏)が私に対し、このような話は当然厳しい内容の記事になると思っていると語ったことだ。したがって、Amazonがそうではない記事を予測していたという主張は受け入れがたい」

 その後、この件に関するAmazonからのコメントはない。

 Carney氏の投稿の前にも、AmazonはNYTの記事に対して反論をしている。同記事が掲載された翌日、Amazonの最高経営責任者(CEO)であるJeff Bezos氏は従業員に宛てたメモの中で、「この記事に書かれているのは、私が知っているAmazonでもなければ、私が毎日一緒に仕事をしている思いやりのあるAmazon従業員でもない」と述べている。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加