logo
Indiegogo

GoPro用の小型スタビライザー「Aeon」--プロ並みの映像を撮影

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 アクションカメラ「GoPro」のおかげで、スポーツの迫力ある映像を手軽に撮影できるようになった。しかし、プロの映像と比べると、素人のビデオはブレによって滑らかさに欠けることが多い。

 そこで、GoPro用の小型スタビライザー「Aeon」を紹介しよう。現在、クラウドファンディングサービス「Indiegogo」で支援募集中だ。


GoPro用の小型スタビライザー(出典:Indiegogo)

 Aeonは、片手で持って使うコンパクトなGoPro用スタビライザー。3軸加速度センサを搭載し、1秒間に1000回以上という頻度で動きを検出し、3つのモータで3方向のブレを補正する。素早く細かな補正が可能なため、プロカメラマン並みのスムーズな映像が撮れるという。


激しく動いてもスムーズな映像を撮影(出典:Indiegogo)

 単にGoProを取り付けて手ぶれを防止するだけなく、GoProを接続して手元のLCD画面で構図を確認しながらの撮影が可能。手元には、親指で操作しやすい位置にジョイスティックが設けられていて、GoProをパンしたりチルトしたりできる。GoProの各種アクセサリを取り付けるマウントも備える。


構図を確認しながら撮影できる(出典:Indiegogo)

 Indiegogoでの目標金額は5万ドル。記事執筆時点(日本時間10月19日15時)でキャンペーン期間は26日残っているが、すでに9万ドル以上の資金を集めている。

-PR-企画特集