logo

ゲーム実況アプリ「YouTube Gaming」、「Android」端末から実況が可能に

Joan E. Solsman (CNET News) 翻訳校正: 編集部2015年10月16日 12時29分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 YouTubeのおかげで、誰もが自分の夢中になっているモバイルゲームのプレイを簡単に録画できるようになった。

 Googleの傘下にあるYouTubeのデータによれば、同サイトでは毎月、1440億分(およそ27万4000年)に相当するビデオゲーム実況動画が視聴されているという。言い方を変えると、ネアンデルタール人たちが地球上に初めて現れてから今まで、洞窟に座って昼も夜もゲーム動画だけをYouTubeで見続けていれば、ようやく1カ月分の実況動画を見終わる計算だ。

 カリフォルニア州サンブルーノに本拠を置くYouTubeは米国時間10月15日、モバイルアプリの「YouTube Gaming」をアップデートし、世界で最も普及しているGoogle製OS「Android」を搭載するデバイスで、誰もがモバイルゲームのプレイを録画したりライブ配信したりできるようにした。この「Mobile Capture」と呼ばれる機能により、ゲーマーはアプリの「Go Live」ボタンをタップするだけで録画や配信ができる。スマートフォンの「自分撮り用」カメラとマイクを使って、自分の映像付きで解説を入れることも可能だ。

 このアプリは、Android版だけでなく、「iOS」版も用意されている。Mobile Capture機能は今のところAndroid版にしか搭載されていないが、他のOSでも利用できるようにする予定だとYouTubeの広報担当者は述べている。


YouTube Gamingアプリのアップデートにより、誰もがAndroid端末でモバイルゲームのプレイを録画し、ライブ配信できるようになった。
提供:YouTube

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

-PR-企画特集