logo

大日本印刷、O2O施策で「Ingress」とコラボ--丸善などの書店がポータルに

佐藤和也 (編集部)2015年10月16日 11時19分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 大日本印刷は10月16日、Nianticが提供している位置情報を活用したスマートフォン用ゲームアプリ「Ingress(イングレス)」とコラボレーションを発表。大日本印刷グループの書店である丸善、ジュンク堂書店、文教堂の281店舗が、Ingressのポータルとして11月初旬からゲーム中に登場する。

  • コラボバナー

 大日本印刷ではグループの書店店舗と「honto.jp」を連携させたハイブリッド型総合書店を運営。今回のコラボレーションはO2Oマーケティングの一環として展開するもので、書店をポータルとしてゲーム内に登場させることで来店促進を図り、hontoサービスのさらなる普及を目指すという。 

 コラボレーションに合わせ、Ingress日本初の公式小説である「イングレス ザ・ナイアンティック・プロジェクト」の発刊を記念した、honto会員のみが参加できるイベントを11月1日に東京と大阪で開催予定。また「honto×Ingress」オリジナルしおりを、11月1日から丸善、ジュンク堂書店、文教堂の146店舗で配布する。しおりはなくなり次第配布が終了となる。

  • オリジナルしおり(表面)

  • オリジナルしおり(裏面)

-PR-企画特集