東芝、REGZAサーバー&ブルーレイ発表--「ビジュアル過去番組表」採用でよりわかりやすく

加納恵 (編集部)2015年10月15日 15時00分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 東芝は10月15日、BDレコーダーに「タイムシフトマシン機能」を備えた「REGZAサーバー DBR-T670」(想定税別価格:10万円前後)と、トリプルチューナの「REGZAブルーレイ DBR-T660/T650」(同:8万5000円/7万5000円前後)、ダブルチューナの「REGZAブルーレイ DBR-Z620/Z610」(同:6万5000円/5万5000円前後)を発表した。インターフェースを一新し、表示スピードも高速化している。発売はT670が11月下旬で、それ以外のモデルは11月上旬になる。


新「REGZAサーバ&ブルーレイ」

 DBR-T670は、3TバイトのHDDを内蔵したREGZAサーバーの最新モデル。地上、BS、110度CSデジタルチューナを3基搭載し、3番組の同時録画とチャンネルまるごと録画ができる「タイムシフトマシン機能」を備える。

 従来、文字情報のみだった「過去番組表」を静止画サムネイルとともに表示させる「ビジュアル過去番組表」へと進化。タイムシフトマシンでの録画番組を再生中に保存できるほか、現在番組表から連ドラの保存予約も可能になった。

 専用のTransferJetアダプタと連携すれば、対応のスマートフォンを専用のTransferJetアダプタにかざすだけで、番組を転送できる。

  • 「REGZAサーバー DBR-T670」

  • ビジュアル過去番組表

 REGZAブルーレイのDBR-T660/T650は3基、DBR-Z620/Z610は2基の地上、BS、110度CSデジタルチューナを内蔵。オプション対応となるZ610以外のモデルには無線LANを内蔵する。

 5モデルすべてで「おでかけいつでも視聴」を使って、外出先から録画番組を視聴することが可能。放送中の番組の「追っかけ視聴」に対応するほか、T670ではタイムシフト録画番組も外出先から視聴できる。

 SeeQVaultに対応し、バックアップ時には、バックアップしていない番組だけをダビングできる機能も装備。フレーム単位のチャプタ分割に対応し、かつての「RD」シリーズ同様の編集にも対応する。

  • 「REGZAブルーレイ DBR-T660」

  • 「REGZAブルーレイ DBR-T650」

  • 「REGZAブルーレイ DBR-Z620」

  • 「REGZAブルーレイ DBR-Z610」

デジタル製品

AVの記事一覧はこちら

  • このエントリーをはてなブックマークに追加